CNNのニュースサイトによると、物理学者のアインシュタインが「神の概念」について語った直筆の手紙がオークションにかけられ、290万ドル(約3億2,700万円)近くで落札されたとのこと。

 「神という言葉は、自分にとって人間の弱さの表現、産物でしかない」というアインシュタインの考えには、まあ賛同できるかな。

 顔を真っ赤にして怒り出す人も多いでしょうけれどね。

 一方で、インテリジェント・デザイン論の考え方にも賛同できる自分もいたりするんですよね。

 神という言葉には抵抗があるのですけれど、「偉大なる知性」という言葉は許容範囲といったところなのかな。


 CNN.co.jp : アインシュタイン直筆の「神の手紙」、3億円超で落札
 https://www.cnn.co.jp/fringe/35129716.html


画像または商品名をクリックするとアマゾンへ



アインシュタイン―大人の科学伝記 天才物理学者の見たこと、考えたこと、話したこと (サイエンス・アイ新書)
商品の説明
内容紹介
人はいかにして既成概念を破り、生きるのか
それまでの世界観をくつがえす相対性理論を提唱した天才科学者、アインシュタイン。 苦労人で自由人、「ユーモラスなオッサン」でもあり、その言葉は今も、勇気や発見を与えてくれます。
彼が当時、何を見、どう考えて相対性理論にたどり着き、そして周りの人々にどのようにかかわって生きたのか?
それらをまとめて知るための、欲張りな一冊です。
▼目次
序章 アインシュタイン前夜
第一章 アインシュタインの誕生
第二章 奇跡の年
第三章 特殊相対性理論
第四章 教授時代
第五章 一般相対性理論
第六章 アインシュタイン・フィーバー
第七章 アインシュタインと平和
第八章 アインシュタインと宇宙
内容(「BOOK」データベースより)
それまでの世界観をくつがえす相対性理論を提唱した天才科学者、アインシュタイン。苦労人で自由人、「ユーモラスなオッサン」でもあり、その言葉は今も、勇気や発見を与えてくれます。彼が当時、何を見、どう考えて相対性理論にたどり着き、そして周りの人々にどのようにかかわって生きたのか?それらをまとめて知るための、欲張りな1冊です。
(Amazon.co.jpより)