大気中に潜む「見えない生命体」が発見されたそうです。

 発見したのは、エネルギー会社「Thunder Energies Corpotation」に勤めるイタリア系アメリカ人、科学界の“非主流派”の原子物理学のエキスパート、ルゲロ・サンティリ氏。

 同氏が開発した「サンティリ望遠鏡」が発見した「見えない生命体」は2種類。

 そして「見えない生命体」は人類の動向を監視しているという仮説を立てているようです。

 私はこのニュースを知り、もしかしたら「ミステリーサークル」は「見えない生命体」が人類に何らかのコンタクトを試みている痕跡なのかもしれないなぁと思いました。

 「私たちはここにいるよ」ってね。

 UFOの正体もこの「見えない生命体」が何らかの偶然で見えるような状態になったものかも。

 あ、生命体となるとUMAといった方がしっくりくるのかもですね。

  

 大気中に潜む「見えない生命体」の存在が観測される!
 元ハーバード物理学者「人類を監視している可能性」
 http://tocana.jp/2017/01/post_11871_entry.html

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

ミレニアム・ミステリーサークル写真集―イギリス現地空撮

商品の説明
内容紹介
このミステリーサークル写真集は2000年7月下旬,イギリス南部ウィルトシャー州でヘリコプターから空撮したもの。昨年よりもさらに進化した様々な図形は、新たな次元への移行を目前にした我々地球人類の潜在意識へのダイレクトなメッセージであるかもしれない。監修・解説はイギリスのミステリーサークル学会でも講演を行なった研究家・パンタ笛吹。
内容(「MARC」データベースより)
イギリスの麦畑にできる巨大な円形状のマーク「ミステリーサークル」。2000年7月下旬に出現したミステリーサークルを、上空とサークル内部から撮影した写真集。複雑にして斬新な図形の美しさと謎にせまる。
(Amazon.co.jpより)