北ヨーロッパの共和制国家・エストニアでのお話。

 エストニアでは、ロボットとAIに法的な身分を与えるよう、法制化に動き出しているとのこと。

 まあ、心が宿るのは人間だけとは限りませんしね。

 人生の伴侶にロボットを選ぶ人が現れることも十分に考えられます。

 故ロビン・ウィリアムス主演の映画『アンドリューNDR114(Bicentennial Man)』(1999年・米)のようなロボットも登場するかもしれないからなぁ。

 AIやロボットにも「電子人」としての権利を。
 エストニアでAIの法的身分確立に向けた動き : カラパイア
 http://karapaia.com/archives/52247459.html







Amazon

アンドリューNDR114 [SPE BEST] [DVD]

商品の説明
SPE BESTとは
[SPE BEST]とは、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントがお送りする映画セレクションです。
収録内容は下記をご確認ください。

そう遠くない未来 – 心をもつのは人間だけとは限らない・・・

そう遠くない未来のある日。
郊外に住むマーティン家に届いた荷物は、父親のリチャードが家族のために購入した家事全般ロボット“NDR114″だった。
最新鋭の機能を持ちながらも、礼儀正しく、どこかアナログ感も漂わせるこのロボットは“アンドリュー”と名付けられた。
アンドリューの主な仕事は、彼が“リトル・スミス”と呼ぶ末娘の子守り。
その仕事を通して、いつしか機械が持つはずのない個性 – 感受性や創造性を見せるようになっていく・・・。

※映像特典
メイキング・ドキュメンタリー
オリジナル劇場予告編集『アンドリューNDR114』『ジュマンジ』『フック』
タレント・ファイル

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。
(Amazon.co.jpより)