東芝の米国法人「Toshiba America Information Systems」から、セキュリティおよびデータ保護性能が大幅に向上する新USBメモリが発売されたそうです。

 USBメモリ本体に、0から9までのPINコード入力キーを物理的に搭載している、この新たなUSBメモリは、暗証番号の入力認証を突破しない限り、中のデータを参照することができない仕組みになっているとのこと。

 万が一、何者かが間違った暗証番号を入力し続けると、10回の認証失敗と同時に「Brute Force Hack Defense Mechanism」が起動し、USBメモリ内のデータは完全破壊される万全のセキュリティが備わっているそうです。

 ただし、4GBモデルで日本円にして1万円を下らない95ドルからというのがネック。

 

 東芝、暗証番号入力失敗でデータ破壊するUSBメモリを米国発売 : ギズモード・ジャパン
 http://www.gizmodo.jp/2015/02/usb_178.html












2760 Thoughts on “暗証番号入力失敗でデータ破壊するUSBメモリ