21世紀のアニメーション映画ベスト50が発表されています。

 これはアメリカの映画サイトThe Playlistによるもの。

 1位はスタジオジブリ制作、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し(Spirited Away)』(2001)でした。

 日本のアニメーションが高く評価されたことを、日本人としてとても嬉しく思います。

 しかし、この記事は2016年7月5日付けのものなので、2016年8月26日に公開された新海誠監督の『君の名は。(Your Name.)』は当然のことながら含まれていません。

 この記事のアップデートを期待したいなぁと思ったりしています。

 ちなみに私の一押しアニメは14位の『レミーのおいしいレストラン(Ratatouille)』(2007)です。


 ラストがいいんですよね(まあ、よい映画はみんなそうなんでしょうけど)。

 The 50 Best Animated Films Of The 21st Century So Far
 http://theplaylist.net/50-best-animated-films-21st-century-far-20160705/

 米サイトが選んだ「21世紀のアニメ映画ベスト50」発表!
 1位は『千と千尋の神隠し』 – シネマトゥデイ
 https://www.cinematoday.jp/news/N0084933

Amazon

千と千尋の神隠し [DVD]

商品の説明
内容紹介
最新HDマスターを使用した
デジタルリマスター版DVD! !

『千と千尋の神隠し』

<ストーリー>
ひ弱で不機嫌な少女、千尋は現代に生きる普通の女の子。両親とともに車で引っ越し先の家へと向かう途中で「不思議の町」に迷い込んだ。店のカウンターにあった料理を勝手に食べた両親は、豚に姿を変えられてしまう。ひとりぼっちになってしまった千尋は、名を奪われ「千」と呼ばれるようになり、その町を支配する魔女・湯婆婆の下で働き始める。千尋は湯屋「油屋」の下働きとして働きながら、様々な出来事に遭遇しつつも、謎の少年ハクや先輩のリン、釜爺らの助けを借りて、厳しい難局に立ち向かっていく。はたして千尋は元の世界に帰れるのか……?

<映像特典>
●絵コンテ
●予告編集
●TVスポット

※商品情報は変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
2001年夏に公開され、大ヒットを記録した宮崎駿監督による冒険ファンタジーのデジタルリマスター版。引っ越し先の家へと向かう途中、異世界に迷い込んだ10歳の少女・千尋が、様々な出会いと試練の中で成長し“生きる力”を取り戻していく姿を描く
(Amazon.co.jpより)







4 Thoughts on “21世紀のアニメ映画ベスト50

  1. You ought to be a part of a contest for one of
    the highest quality sites on the internet. I will recommend this web
    site!

  2. I was very happy to find this net-site.I needed to thanks in your time for this excellent learn!! I definitely enjoying every little little bit of it and I’ve you bookmarked to take a look at new stuff you weblog post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



Post Navigation