CNNのニュースサイトによれば、米スタンフォード大学などの研究チームが、138億年前、宇宙誕生のビッグバンで生じた「重力波」の存在を裏付ける証拠を見つけたそうです。

 「重力波」とはビッグバンの「最初の振動」と考えられるもので、アルバート・アインシュタインが一般相対性理論で予言していたものとのこと。

 この発見により、ビッグバンからわずか1兆分の1秒足らずで宇宙が急膨張したことが裏付けられ、宇宙誕生の謎を解明する手がかりになると期待されているようです。

 これで、最大の謎は「ビッグバン以前には何があったのか?」ということになったんでしょうかね。

 CNN.co.jp : 宇宙誕生の「重力波」を初観測、急膨張裏付け 米研究チーム
 http://www.cnn.co.jp/fringe/35045334.html

go to Amazon


宇宙が始まる前には何があったのか?

商品の説明
内容紹介
「種の起源」に匹敵! 宇宙論のパラダイムシフト

無からなぜ有が生まれたのか? 最先端の量子物理学は宇宙誕生の謎を解明しつつある。
宇宙は平坦だった、加速膨張する宇宙、2兆年後はすべての天体が姿を消す、、。
「種の起源」にも匹敵すると賞賛された全米ベストセラーとなった本書は、コンパクトなサイズなのに、脳みそを鷲づかみにされるような濃密さに満ち満ちています。
科学翻訳の第一人者・青木薫氏による奥深く精密な文章と大胆な解説もお見逃しなく。

目次

まえがき 宇宙は無から生じた
はじめに 何もないところから、何かが生まれなくてはならない
第1章 いかに始まったのか?
第2章 いかに終わるのか?
第3章 時間の始まりからやってきた光
第4章 ディラックの方程式
第5章 99パーセントの宇宙は見えない
第6章 光速を超えて膨張する
第7章 2兆年後には銀河系以外は見えなくなる
第8章 その偶然は人間が存在するから?
第9章 量子のゆらぎ
第10章 物質と反物質の非対称
第11章 無限の未来には
あとがき リチャード・ドーキンス
訳者解説 青木薫
内容(「BOOK」データベースより)
ビッグバンの前には何があったのか?その最大の謎を、現代の量子物理学は解きあかしつつある。物質と反物質のわずかな非対称から生じたゆらぎ、それが今日の私たちの宇宙を形作った。それは無から有が生まれることであり、無からエネルギーが生じるという物理学の直感と常識に反したことだった。全米でベストセラー、アリゾナ州立大学の宇宙物理学者による衝撃の書。