日本が世界に誇る怪獣・ゴジラが遂にアニメーション映画に!

 公式サイトの情報によれば、アニメーション映画『GODZILLA』は全3部作となるそうです。

 アニメーション制作は『シドニアの騎士』のポリゴン・ピクチュアズ、脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄ということなので、映像的には高いクオリティ、ストーリー的にはあっと驚く展開が期待できそうです。

 第1章となる『GODZILLA -怪獣惑星-』の舞台となるのは、2万年後の地球ということなので、はるか未来のお話ですね。

 イントロダクションに

 かつて人類はゴジラに敗北し、地球を捨てた―――。

と記されているので、ゴジラから地球を奪還するストーリーのようです。

 私の脳内超訳によれば、

 2048年、中央政府の人工知能に選ばれた人間だけが恒星間移民船で地球を脱出し、11.9光年の彼方の星に20年かけてたどり着いたけれども人類が生存可能な環境ではなかった。そこで長距離亜空間航行(リスクあり)で地球に帰還を果たすものの、そこは2万年後の地球で、ゴジラを頂点とした生態系の世界になっていた。人類は地球を取り戻せるのか!

ということのようなので、ゴジラ版『猿の惑星』のようなストーリーでしょうか?

 あと「2048年」という時期も気になりますね。

 2045年には人工知能が人間の能力を超えると予測している人たちもいますので。

 人工知能が人間の能力を超えることで起きるとされる出来事、いわゆる「技術的特異点(Technological Singularity)/シンギュラリティ(Singularity)」の危険性に警鐘を鳴らすストーリーなのかもしれません。

 人間の能力を超える人工知能が人間を滅ぼす(排除する)かもしれないという危険性を唱えている著名な宇宙物理学者もおられるので。

 もしかしたら、人工知能は『魔法少女まどか☆マギカ』の”キュゥべえ”のように、人間とは全く異なる価値観で行動し、人間をゲームのコマのように扱うのかもしれません。

 色々と想像が膨らみますね。

 公開は2017年11月です。

 観なずに死ねるか!

 

 アニメーション映画『GODZILLA』OFFICIAL SITE
 http://godzilla-anime.com/

アマゾンビデオ

シン・ゴジラ

東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ、崩落する原因不明の事故が発生した。首相官邸では総理大臣以下、閣僚が参集されて緊急会議が開かれ、内閣官房副長官・矢口蘭堂は、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘。周囲は矢口の意見を一笑に付すものの、直後、海上に巨大不明生物の姿が露わになった。慌てふためく政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は上陸。普段と何も変わらない生活を送っていた人々の前に突然現れ、次々と街を破壊し、止まること無く進んでいく。政府は緊急対策本部を設置し、自衛隊に防衛出動命令を発動。そして、川崎市街にて、“ゴジラ”と名付けられたその巨大不明生物と、自衛隊との一大決戦の火蓋がついに切られた。果たして、人智を遥かに凌駕する完全生物・ゴジラに対し、人間に為す術はあるのか?(C)2016 TOHO CO.,LTD.
(Amazon.co.jpより)