ようやく感染拡大のための措置に本腰を入れ始めたようですね。

 エボラ出血熱の感染国から米ニューヨーク(NY)の空港に入国するすべての医療従事者などに21日間の隔離措置が義務付けられることになったそうです。

 ニューヨーク州およびニュージャージー州の両知事が24日、明らかにしたそうです。

 ジョン・F・ケネディ空港とニューアーク・リバティー国際空港では、西アフリカ3カ国(リベリア、シエラレオネ、ギニア)からのすべての渡航者が衛生当局による特別審査を受けるとか。

 隔離措置の対象には医療従事者に加え、エボラ熱感染者と直接接触した人も含まれるそうですが、エボラ熱感染者と直接接触したという自覚のない人はすり抜けてしまうのではないでしょうか?

 日本の対策は緩いんだろうなぁ、きっと。

 

 米NY空港で21日間の隔離措置義務付け、全医療従事者など対象 |
 マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters
 http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0SJ6KF20141024

 

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2014年 10/28号 [エボラ拡大パニック]

商品の説明
内容紹介
Cover Story
エボラ拡大パニック

国際社会の無策と無関心が招いたエボラ熱の拡大
「死のウイルス」は今後、どこまで広がるのか

感染症 無知と無策が引き起こしたエボラパニック
不安 ヒステリーを助長する5つの(愚かな)誤解
政策 ワクチン開発を遅らせた真犯人は誰だ?
アメリカ 米軍が乗り出した空前の作戦
西アフリカ 遺体を抱き締めたくて

Periscope
InternationaList
UKRAINE ウクライナを守る「英雄」は誰なのか
HONG KONG 香港デモの終わりなき疑心暗鬼
SIERRA LEONE エボラ熱が招いた食糧不足
VATICAN ローマ法王庁、同性愛者をウエルカム?
IRAQ フセインの化学兵器がISISの手の中に
ECONOMY 世界経済の次の牽引役は「インフラ」
PALESTINE 水増し?ガザ支援で得するのは
Asia
CHINA 中ロを翻弄する「プーチンのトラ」
SOUTH KOREA 韓国冬季五輪が開催地変更でドタバタ
U.S. Affairs
パネッタが「核の境界線」を暴露
名優の死をきっかけに自殺相談電話が急増中
Business
3年ぶりの株価急落は不幸の前兆か
エボラ治療薬の開発はカナダにお任せ
People
金正恩「空白の40日間」でどこが変わった?、ほか

Features
アメリカ ISIS空爆でオバマを待つ泥沼
拡大 ロシアが狙う「クリミアの次」
投資 中国不動産ブーム、続きは海外で
中国 メリットない?上海自由貿易区
インド 聖なるガンジスをどう救うのか
海洋生物 ヒトデの死は海の異常のサインか
カナダ 氷の海に浮かぶ最後の楽園
犯罪 虚偽の告発でレイプ犯になる悲劇

『ニューズウィーク日本版』年間予約購読を是非ご利用下さい!!
毎週確実に、ご自宅にオフィスにお届けします!
今ならお得な価格! 最大30%OFF(送料・消費税込み)
1年50冊18,520円
2年100冊34,800円
3年150冊48,600円
6ヵ月25冊10,000円
更に特典が付きます!
1.オリジナルグッズプレゼント(限定非売品)
もれなくプレゼント! . タッチペン付きスマホスタンド
2.特別試写会ご招待!
毎回「年間予約購読者特別抽選枠」を設け優先的にご招待!
〔これまでに開催した主な試写会〕「エリン・ブロコビッチ」「オーシャンズ11」「ラスト サムライ」「ターミナル」「ミリオンダラー・ベイビー」「チェ28歳の革命」「007慰めの報酬」「スター・トレック」「インフォーマント! 」「インビクタス」

今すぐ、『ニューズウィークの定期購読』で検索!
この雑誌について
すぐに役立つ「知とライフスタイル」ナビ