米ハーバード大学公衆衛生学部と民間研究機関SSRSの世論調査によると、”エボラ出血熱は咳やくしゃみを通じて感染する”と考えていた回答者が全体の約85%に達したことが分かったそうです。

 ちなみに、世界保健機関(WHO)は、こうした形での感染が起こる可能性は低いとしています。

 調査を担当したハーバード大学のギリアン・スチールフィッシャー氏は、テキサス州ダラスの病院で患者の治療にあたった看護師1人目の感染例が明らかになり、国民の間で感染経路についての懸念が高まった公算が大きいと分析した。

 調査は10月8日~12日、米国の成人1,004人を対象に実施されたそうです。

 この期間には、1人目の看護師の感染は伝えられていたが、2人目の感染はまだ明らかになっていなかったとのことです。

 エボラ出血熱は、”患者の体液との直接的な接触”で感染するという理解で本当にいいのでしょうかね。

 感染した2人の看護師も防護服を着ていたはずなのにね。

 防護服に問題があったのかな(着用の仕方とか脳呉服が傷んでいたとか)?

 
 
 米国民の大半、咳やくしゃみでエボラ熱に感染すると勘違い=調査
  | 世界のこぼれ話 | Reuters
 http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKCN0I50KD20141016

 コラム:エボラ感染経路について知っておくべき事実 | Reuters
 http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPKCN0I30HA20141014

 

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

Newsweek (ニューズウィーク日本版)
2014年 9/16号 [感染症 新たなリスク]

商品の説明
内容紹介
Cover Story
感染症
新たなリスク

「強毒化」する病原体と後手に回る国際社会
エボラとデング熱が示す感染症の新たな時代とは

特集 世界を脅かす感染症の新時代
反応 欧米社会に広がるパニックと誤解
対策 感染国への運航禁止は逆効果
エボラ サル食肉が運ぶ死のウイルス

頑強プーチンとオバマの口先外交
外交 ウクライナ危機でアメリカが唱える無意味な理想論

Periscope
InternationaList
HONG KONG 中国、露骨過ぎる香港介入の理由
CHINA 西アフリカ支援で中国がはじくソロバン
PALESTINE パレスチナでハマス人気上昇の理由
INDIA ISISの台頭に焦るアルカイダ
IRAN 高速ネット回線をイランがついに解禁へ
THE UNITED STATES オバマの危険なミニマリズム
EUROPE 次期EU大統領は対ロシア強硬派
THE UNITED STATES 米の元議員がロシア企業を守る?
Asia
INDIA 「東京裁判」を持ち出すモディの真意は
SOUTH KOREA 教科書国定化で朴槿恵が陥るジレンマ
Business
iCloudが危ない5つの理由
People
写真流出事件でセルフヌード大論争、ほか

Features
米政策 空想家大統領に背を向ける世論
選挙 イラク化するアフガニスタン
スコットランド 独立の波に揺れる油田の島
イラク ISISの残虐非道を見過ごすな
ビジネス だから欧米企業はインドで苦戦する
中国社会 愛犬ブームを嫌う中国共産党
アジア 韓国がはまり込む不信社会の深み
トルコ 医師が袋叩きにされる恐怖
食品 ゴーダチーズを名乗れない!
飲料 コーヒー飲んだら運動、それともベッドイン?
医療 先祖の顔写真で未来の病気を診断

『ニューズウィーク日本版』年間予約購読を是非ご利用下さい!!
毎週確実に、ご自宅にオフィスにお届けします!
今ならお得な価格! 最大30%OFF(送料・消費税込み)
1年50冊18,520円
2年100冊34,800円
3年150冊48,600円
6ヵ月25冊10,000円
更に特典が付きます!
1.オリジナルグッズプレゼント(限定非売品)
もれなくプレゼント! . タッチペン付きスマホスタンド
2.特別試写会ご招待!
毎回「年間予約購読者特別抽選枠」を設け優先的にご招待!
〔これまでに開催した主な試写会〕「エリン・ブロコビッチ」「オーシャンズ11」「ラスト サムライ」「ターミナル」「ミリオンダラー・ベイビー」「チェ28歳の革命」「007慰めの報酬」「スター・トレック」「インフォーマント! 」「インビクタス」

今すぐ、『ニューズウィークの定期購読』で検索!
この雑誌について
すぐに役立つ「知とライフスタイル」ナビ