2015年2月、東京都港区の米国大使館に「ケネディ駐日大使を殺す」という内容の電話があったそうです。

 警視庁が脅迫などの疑いで捜査していることが、3月17日、捜査関係者への取材で分かったそう。

 捜査関係者によると、電話は複数回あり、男の声で英語を話していたとか。

 「沖縄のマグルビー駐沖縄総領事を殺害する」という内容の電話もかかってきていて、警視庁が状況を調べているそうです。

 「顔認証システム」よりも「声紋認証システム」の方の開発を急ぐべきだったんじゃないかな。

 

 「ケネディ大使殺す」と電話 警視庁、脅迫容疑で捜査 – 47NEWS(よんななニュース)
 http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015031701001485.html

 

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

音の犯罪捜査官―声紋鑑定の事件簿

商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
誘拐犯、脅迫犯、航空機事故から暗殺者まで声が追いつめた10の事件秘話。
内容(「MARC」データベースより)
数々の誘拐事件での犯人の声の分析、航空機事故ボイスレコーダーの解析、アキノ氏暗殺事件での証言など声紋鑑定という知られざる専門職の内幕と歩みを赤裸々に描く。人間の声やノイズが真相解明に大きな手がかりとなる。