60年以上前に化石が発見された、奇怪な古代生物「タリーモンスター」(学名 Tullimonstrum gregarium/タリモンストラム・グレガリウム)。

 長らく軟体動物だと思われていたそうですが、実は脊椎動物だったことが3月16日付の科学誌「ネイチャー」で発表されたそうです。

 この「タリーモンスター」は、ネス湖の「ネッシー」の正体ではないか?という説もあるのでちょっとドキドキしています。

 今回の発表では、「タリーモンスター」が最も古い脊椎動物の1種である「ヤツメウナギ」と近縁であることを明らかにしたもの。

 「ネッシー」と「ヤツメウナギ」・・・う~ん、どうなんでしょうかねぇ。

 

 謎の古代生物タリーモンスターの正体がついに判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
 http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/031800099/

 

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

大むかしの生物 (小学館の図鑑NEO)

商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
本書では、化石を通してしかうかがい知ることのできない絶滅してしまった生物たちを、最新の研究にもとづいて復元し、紹介している。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
平野/弘道
早稲田大学教授

冨田/幸光
国立科学博物学地学研究部古生物第三研究室室長

籔本/美孝
北九州市立自然史・歴史博物館主査学芸員

大花/民子
財団法人自然史科学研究所主任研究員

真鍋/真
国立科学博物館地学研究部古生物第三研究室主任研究官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)(Amazon.co.jpより)