米空軍が機密指定を解除したUFO(未確認飛行物体)の目撃情報に関する膨大な記録をデータベース化し、無料で閲覧できるようにしたウェブサイトが開設されました。

 UFO ファン ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ ヒャッハー

 機密指定が解除された情報は、首都ワシントンの国立公文書館のマイクロフィルムに保存されているほか、さまざまなウェブサイトに掲載されているそうです。

 UFOファンのジョン・某氏は、13万ページ近くに及ぶこうした記録をすべて1か所にまとめたデータベース「プロジェクト・ブルーブック・コレクション」を作成し、誰でも無料で情報を検索したり、ダウンロードできるようにしたとか。

 データベースに収録されているのは、オハイオ州のライトパターソン空軍基地で1947~69年まで行われていた「ブルーブック・プロジェクト」などの記録。

 同氏は15年前から情報公開法に基づいて同プロジェクトの記録の公開を請求してきたそうです。

 UFO ファン脱帽  ありがとうございます

 誰か和訳してくれるとうれしいな。

 CNN.co.jp : 米空軍のUFO調査記録、ネットでまとめて公開
 http://www.cnn.co.jp/tech/35059257.html

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

ディスクロージャー 人類史上最大の秘密 [DVD]

商品の説明
2010年最優秀ドキュメンタリー
アーサー・クラーク賞受賞
2011年インターナショナル・UFO・コンファレンス、ピープルズ・チョイス賞受賞

紹介文
ジム・マルズ ジャーナリスト
「過去多くの発表がありましたが、この映画はエキサイトNo.1でした!」
ロバート・ディーン 元合衆国陸軍最上級曹長
「これは人類史上 最も重大な話である」

名誉ある賞を堂々と獲得した、テリー・トフテネス監督が最先端UFOドキュメンタリームービーをさらなる待望に応え、遂に日本へ上陸!

各国政府が長い間、隠ぺいしてきたUFOの存在がいま完全に明らかにされます。宇宙飛行士、パイロット、軍のエリート高官、レーダーオペレーター、警官などの直接インタビュー証言により、今まで閉ざされていた秘密のベールが、そしてUFOに関する真実が あからさまに暴露されています。UFOの存在が世界中にすべて暴露される日は近づいています!歴史に新しい月面を歩いたエドガー・ミッチェル博士をはじめとする多くの著名人はそれぞれの隠ぺい事実の公開をすでに発表しました。政府レベルでもイギリス、ロシア、フランス、ブラジル、カナダを含めた16ケ国がUFOの秘密ファイルを公開しました。これは、もう誰も止めることの出来なくなった新しい人類への、歴史の始まりかも知れません。人類始まって以来、最大なターニングポイントを迎えようとしている我々にこの「ディスクロージャー」は、これからの宇宙史の幕開けに新たなる希望のメッセージとしてお届け致します。