ロイター通信は2015年3月18日のウエブ版で、

「任天堂はあと3~5年で家庭用ゲーム機事業から撤退する」

という予想を掲載しました。

 任天堂とDeNAの資本・業務提携をきっかけに、あることが囁かれ始めたのだそうです。

 業績低下に苦しむ任天堂がスマホゲーム市場に転換し、ゲーム専用機事業を縮小するのではないか、というのです。

 2015年3月17日の記者会見で、任天堂の岩田聡社長は、スマホゲームが人気だから資本・業務提携をしたわけではない、などと語ったようですが、国内の家庭用ゲーム市場が縮小を続けるなかで、スマホゲームは7,000億円規模と家庭用ゲームの倍に成長し、任天堂もこれを無視できなくなったのは明白ですよね。

 ロイター通信の予想、案外核心をついているかもですね。

 あるいは、一転して任天堂がスマートフォンを開発・発売するのかもね。

 

 任天堂、ゲーム専用機から3~5年以内に撤退 ロイターの大胆予測がネットで話題に : J-CASTニュース
 http://www.j-cast.com/2015/03/20230986.html

 

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

New ニンテンドー3DS LL メタリックブラック

商品の説明
商品の説明
New ニンテンドー3DS LL メタリックブラック
Amazonより

【迫力のゲーム体験、New大画面3DS】

3Dブレ防止機能をはじめ、CスティックやZL/ZRボタンの追加など新しく追加された機能でますます広がるゲーム体験を迫力の大画面で。4.88インチの上画面と、4.18インチの下画面の大きな画面でゲームへの没入感を高める。