自動車運転免許証の更新時に、病気を隠して虚偽の内容を記載した「質問票」を提出したとして、千葉県警交通捜査課と千葉西署は、1月19日、道交法違反(質問票虚偽記載)の疑いで、野田市内に住む専門学校生の男(22)を書類送検したそうです。

 暴走事故を契機に、昨年6月、質問票への回答を義務づけた改正道交法が施行されてから、千葉県内では初の適用だとか。

 書類送検容疑は、昨年9月14日午後、千葉運転免許センターで、政令で定める一定の病気に当たるか判断をするために必要な「質問票」に虚偽の記載をして提出し、運転免許証を更新した疑い。

 昨年10月、男が流山市内の路上で意識を失って転倒し、病院に搬送されたことで判明し、免許は同12月に取り消しになっているそうです。

 男は容疑を認め、

「就職に必要だった。病気が周囲にばれると思った。意識を失うようなことは今後、起きないと思った」

などと供述しているそう。

 気の毒な気もしますが、事故を起こして死傷者を出さずに前に発覚してよかったのかもしれませんね。

 病気隠して免許更新 改正道交法、県内初適用 容疑の男を書類送検
 千葉県警 | ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ
 http://www.chibanippo.co.jp/news/national/236004

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

道路交通法改正Q&A
―一定の病気等に係る運転者対策悪質・危険運転者対策、自転車利用者対策
平成25年6月公布

登録情報
単行本: 106ページ
出版社: 東京法令出版 (2014/05)
ISBN-10: 480901309X
ISBN-13: 978-4809013096
発売日: 2014/05