ヨルダン川西岸にあるクムラン周辺で、世界最古の聖書・死海文書の12番目の洞窟が発見されたとのこと。

 こうした洞窟が発見されたのは実に60年ぶり。

 研究チームは、破損していない保存瓶を巻物ごと発見し、ブライ大学に搬送され中身が取り出されたそうですが、巻物には何も書かれていなかったとか。

 研究チームは、盗掘者が1950年代ごろに洞窟をあさったとみているそうです。

 持ち去られた巻物にはどのようなことが記されていたのか気になりますね。
 

 CNN.co.jp : 死海文書が眠る洞窟、新たに発見 60年ぶり
 http://www.cnn.co.jp/special/science/35096337.html

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

死海写本 「最古の聖書」を読む (講談社学術文庫)

商品の説明
内容紹介
さまざまな解釈を生み、世界を騒がせてきた死海写本。しかし本当のところ、この「最古の聖書」には何が書かれているのだろうか。書き残したクムラン宗団とは何者であり、いかなる思想を持っていたのか。
「義の教師」「悪の祭司」「なめらかなものを求める者たち」……本書では、公刊された死海写本の記述に即し、外典・偽典を含めた旧約・新約聖書や歴史的背景とも関連づけながら、その内容を読み解くことで、淡々と「謎」に光を当ててゆく。
膨大な研究成果をコンパクトにまとめた、絶好の「死海写本」入門書。

内容(「BOOK」データベースより)
さまざまな解釈を生み、世界を騒がせてきた死海写本。しかし本当のところ、この「最古の聖書」には何が書かれているのだろうか。本書では、クムラン宗団の思想と歴史的背景を明かし、外典・偽典を含めた旧約・新約聖書と関連づけながら、死海写本の内容を精緻に読み解いていく。膨大な資料に基づく研究成果をコンパクトにまとめた、最良の解説書。(Amazon.co.jpより)