3月1日、金沢大学は、珠洲市(すずし)内の公道で、自動走行できるシステムを搭載した乗用車の実証実験を始めたそうです。

 安全を確かめる仕組みは、全方位を把握できるセンサーや信号機の色を見分けるカメラで、小雨がぱらつく中でも円滑な走りを見せたそうです。

 車や歩行者の動きを先読みする「人工知能」も搭載されていて、試乗した市民からは「人間の運転と変わらない」と驚きの声が上がったとか。

 自動走行システムは、目的地までのルート選択やハンドル操作、速度制御をコンピューターで自動化し、「人工知能」が赤外線や電波などで得た情報を基に危険を回避しながら走る仕組みで、金大理工研究域機械工学系の菅沼直樹准教授らが開発したそうです。

 実験車両の体験試乗では、珠洲ビーチホテル周辺約1キロのコースを最高時速60キロで走った。道路交通法で手放し運転が禁じられているため、運転席では菅沼准教授がハンドルに手を添えたそうです。

 日本もGoogleの電気自動運転車に負けてないね!

 

 珠洲市ホームページ(すずし) ホームページ
 http://www.city.suzu.ishikawa.jp/

 「人間の運転と変わらない」 金沢大が珠洲で自動走行実験 – 石川県のニュース | 北國新聞社
 http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20150302101.htm

 

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション

商品の説明
内容紹介
「見たこともない未来」がやってくる。
自動車産業はこれから20年間に、ガソリン車の発明以来100年以上なかった巨大な変化に見舞われる。その原動力となるのが自動運転技術だ。すでに一部の機能は実用化が始まっているが、これが広く普及することで、社会のありようは大きく変わる。「クルマを所有しないことが当たり前になり、免許のない人や高齢者でも低い料金でどこにでも移動でき、しかも交通事故も交通渋滞も激減し、駐車場も不要」という、「見たこともない社会」の実現につながる。本書では、なぜこうした変化が起こるのか、社会はどう変わるのか、自動車関連産業および周辺産業はどんな影響を受けるのか、自動運転社会はどんな道筋を通って実現するのか、自動車技術に詳しいジャーナリストが予測する。
第1章 眼前にある想定外の未来。
第2章 自動運転が日本の産業界にもたらすこと。
第3章 ここまできている自動運転技術。
第4章 自動運転、普及のシナリオ
内容(「BOOK」データベースより)
「見たこともない未来」がやってくる。交通事故や渋滞は激減、駐車場は消え、人はクルマを買わなくなる。無人電気タクシーが人々の欠かせない足となり、無人トラックが物流を担う。自動運転というたった一つの技術が、そんな未来への扉を開く。