インターネット通販「Amazon.co.jp」(アマゾン)で販売されている商品には、利用者が感想を書き込める「カスタマーレビュー」の欄がありますよね。

 ここに、書籍の筆者を中傷する投稿があると 東京の出版社、影書房がツイッターで明かしました。

 過去にも、レビューを巡っては時折トラブルが生じているそうで、今回アマゾンは、どのような対応をするのでしょうか。

 2015年1月18日、影書房はツイッターで、アマゾンで取り扱われている同社の新刊本「#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル」に対するカスタマーレビューの一部削除を求めているとに言及しました。

 「#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル」の筆者はフリーライターの李信恵さん。

 在日コリアンで、ネットニュースなどの取材記者として活動しているようです。

 影書房の著者紹介によると、自身ツイッターで「ネトウヨ」から日々攻撃され、深刻なダメージを受けながらもヘイトスピーチ問題に取り組み、その活動記録を中心にまとめて本を出版したのだとか。

 1月23日現在、アマゾンでは「一時的在庫切れ」となっていますが、カスタマーレビューが炎上したおかげもあるのかな?

影書房によると、削除要請をしたレビューは、

「著者や本書に関する明らかなウソ。それら虚偽に基づく著者個人への誹謗中傷」
「在日コリアンの歴史についてのデマを書き、在日コリアンが犯罪や暴力を重ねてきたかのように印象付けることを目的とした書き込み」
「上記のようなデマ記載によって、在日コリアンや韓国人が日本人に対してあたかも敵愾心を抱いているかのように印象付けることを目的とした書き込み」
「上記のように記しつつ、『だから日本人は在日コリアンや韓国人を差別しても許される』と差別を煽動し正当化する書き込み」

の4点だとか。

 これらを放置すること自体が「著者および在日コリアンに関するデマを拡散し、著者・在日コリアンを侮辱することにつながると考えます」というのが影書房の主張のようです。

アマゾンは、カスタマーレビューのガイドラインを定めていて、その中に「禁止事項」があり、該当するコメントの掲載は削除の対象となりえると明記されています。

 そこには

「他人に不快感や嫌悪感を与える投稿」
「商品と関連のない内容で、個人を誹謗中傷する表現又は悪意を含む内容や表現」

などが含まれています。

また各レビューの欄には、「違反を報告」のリンクが付いていて、ガイドラインに反している内容を別のユーザーが見つけたら、ここをクリックしてアマゾンに報告できる仕組みになっています。

 常軌を逸したレビューには「違反を報告」をするのが一番よいと思います。

 併せて、書籍であれば、自分が読んだ率直な感想をカスタマーレビュー書き込むのがいいんだと思います。

 

 アマゾン「カスタマーレビュー」に問題書き込み 出版社が「デマ記載と誹謗中傷」だとして削除要請 : J-CASTニュース
 http://www.j-cast.com/2015/01/21225852.html

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル

商品の説明
内容紹介
連日ツイッターでネトウヨから集中砲火を浴び、
リアルでも「在特会」会長らの標的となって深刻な被害を受け続けてきた著者。
執拗なヘイトスピーチに深く傷付きながらも、ネットでリアルで応戦しつつ、
カウンターに裁判にと疾駆する著者の活動と「在日の歴史」とを重ね綴る、著者初の単行本!

■主な目次■

カウンター
差別はネットの娯楽なのか
ひまわりと菜の花―福島朝鮮学校の除染作業へ
京都朝鮮学校襲撃事件 裁判傍聴記
在日の街と人と
出版社からのコメント
ネット上に蔓延し、路上に溢れ出したヘイトスピーチ。
法規制の議論が進む中、被害当事者の声は届いているだろうか?
在日コリアン2.5世の著者は、ネット媒体などで活躍するフリーライター。
ネットに書いた記事が発端となり、在日コリアンであり女性であるという理由から
次第にネトウヨのターゲットに、そしてツイッターで連日集中砲火を浴びせられるように。
さらにはリアル世界でも「在特会」会長ほか「行動する保守」のメンバーらの標的となり、
深刻な被害を受けてきた。
本書は、憎悪をむき出しにする差別扇動者たちに応戦しつつ、
カウンター活動に、京都朝鮮学校襲撃事件の裁判傍聴に、
そして「在特会」会長や「保守速報」を訴える民事裁判提訴へと駆け抜けてきた
著者自らの、およそ2年わたる活動記録に、
家族や人、街にまつわる「在日の歴史」を重ね綴った初の単行本。