米国で遺伝子編集ツール「CRISPR/Cas-9」が”がん治療”のために人間に使用することが承認されました。

 これはペンシルバニア大学の科学者たちが提案している実験で、

がん患者のT細胞を体から取り出し、「CRISPR/Cas-9」でT細胞が骨髄腫、黒腫や肉腫のような腫瘍細胞を攻撃するように編集を加えて体に戻す

というものです。

 この承認はがん治療だけに限られ、次の世代に遺伝するる細胞は編集してはならないというもののようですね。

 まあ、DNAをコーディネートされた子供が生まれるようになったら色々と問題があるでしょうからね、生命倫理の観点から。

 

 遺伝子編集ツール「CRISPR」人間への使用、承認される : ギズモード・ジャパン
 http://www.gizmodo.jp/2016/06/crispr_2.html

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

ガタカ [SPE BEST] [Blu-ray]

商品の説明
近未来を予言する スタイリッシュ・SFサスペンス

DNA操作で生まれた“適正者”だけが優遇される近未来。
“不適正者”として自然出産で生まれた若者ビンセントは適正者になりすまして宇宙へ旅立とうとするが…。

※映像特典
●未公開シーン集(6種)
●メイキング・ドキュメンタリー集(3種)
●NGシーン:薬物検査
●予告編集
※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。
(Amazon.co.jpより)