ロシアが「ターミネーター」のように自律的な性能を持つ人型ロボット「FEDOR」を開発したようです。

 工作したり、自動車を運転したり、2丁拳銃をぶっ放したりともうほんとうに凄い性能です。

 ロボット本体はロシア政府機関が開発し、ソフトウエアはコンテストを開いて競わせているとのことです。

 ちゃんとソフトウエアに「ロボット三原則」を組み込んでくださいね。

 

 

 CNN.co.jp : ロシア版ターミネーター? 銃2丁操る人型ロボ開発
 http://www.cnn.co.jp/tech/35100470.html

画像または商品名をクリックするとアマゾンへ

ムービー・マスターピース ターミネーター:新起動/ジェニシス エンドスケルトン 1/6スケール プラスチック製 塗装済み 可動フィギュア

商品の説明
ホットトイズの「ムービー・マスターピース」シリーズに、超大作SF映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』がラインナップ。量産型殺人マシン、エンドスケルトンが登場だ!

全高約33センチ、26箇所以上が可動するフィギュアは、金属骨格が剥き出しになった不気味な姿の殺人マシン、エンドスケルトンを見事に立体化。見る者を畏怖させる形状のヘッドは、眼部に赤く発光するLEDライトアップ機能を搭載。過去作品からデザインが変更された、メカニカルな造形が堪能できるボディーは、複雑に構成している駆動部や伸縮シリンダー、サスペンション、ワイヤーケーブルなど、細部に至るまで精巧に造りこまれている。流麗な金属の光沢感は、業界トップクラスの塗装技術を駆使し、何層も繰り返すことによって完成するマルチレイヤー塗装で再現。全体にウェザリングが施され、幾多の戦闘を繰り広げたような雰囲気を醸し出している。武器として、専用の武器であるエンドライフルが付属。また、多彩な形状の差し替え用ハンドパーツを使用すれば、さまざまなシーンを演出することが可能だ。本作品シリーズ共通の台座は、鉄格子状の床をイメージした特別仕様となっているぞ。

初登場から30年の時を経て、新たなデザインにアップグレードされたエンドスケルトン。ホットトイズの最新技術によって立体化された本アイテムは、ぜひ『ターミネーター』コレクションに加えたい逸品だ。

[セット内容]【武器】エンドライフル【アクセサリー】差し替え用ハンドパーツ(×4)、特製台座
(Amazon.co.jpより)