映画『ミスト (The Mist)』(2007年)を鑑賞しました。

 胸糞悪い映画として名高いあの『ミスト』です。

 ちなみに原作はスティーブン・キング

 Netflixで配信されていたのをうっかり再生してしまいました。

 前編に漂う息苦しさ、閉塞感。

 観ているものを苛立たせる登場人物。

 そして衝撃的な、救いのないラスト。

 なんちゅうー映画だ!くそっくそっくそっ!!

 これは酷い!!

 エンドロール後に救済があるかとちょっと期待しましたがそれもなし!!

 評判どおりの胸糞映画でしたわ!!

 でもスリラーとしては一級品!

 くそっくそっくそっ!

 なお衝撃的だったラストは原作とは違う模様。

 さあ、もう一回観ようか・・・。







Amazon

ミスト DVD

商品の説明
内容紹介
低価格版「おトク値!」シリーズで登場!

スティーヴン・キング×フランク・ダラボンが創造した、今こそ世に問うべき映画!
驚愕のラスト15分、あなたはいったい何を見るのか…! ?

[内容解説]
■“人間の理性”に迫る、全世界待望の新作!
『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』に続く、スティーヴン・キング原作×フランク・ダラボン監督が贈る衝撃のミステリー大作!
■人間の《恐ろしさ、愚かさ、脆さ、そして残酷さ》を描いた2時間!
突然の霧に襲われる人々、店の外の霧に恐怖を感じる人々だが、極度の恐怖に、店内の人々が反発し、友人、隣人の関係が突然崩れてゆく…。人間の脆さを凝縮した傑作。
■原作とは異なるオリジナル・エンディング
原作ではラストが提示されていなかったが、明確なラストが提示された。あまりに衝撃的なラスト!

【STORY】
のどかな田舎町を突如襲った正体不明の“霧”。
それが街を包んでいく中、身動きが取れずスーパーマーケットに取り残された人々。
その中にはデヴィッドと息子ビリーもいた。霧の中には“何か”がいる。次第に明らかになっていく戦慄の事実の数々。
生き残るためには、店内の人々が団結する他に術はない。
しかしデヴィッドと彼の賛同者たちは、霧の中に潜むこの世のものとは思えない恐ろしい生物の群れと戦うと同時に、
狂言的なミセス・カーモディ率いる店内の人々とも対峙しなければならなかった。
そんな中、かすかな希望を抱いて最終決断をするデヴィッドたちに待っていた驚愕の結末とは?

[特殊内容/特典]
【音声特典】
●ダラボン監督によるオーディオコメンタリー
【映像特典】
●スタッフ/キャスト プロフィール(静止画)
●劇場予告編集(日本版+USオリジナル版 計4バージョン)
●Web用メイキング映像集 ●ダラボン L.A.オフィシャルインタビュー
●スティーヴン・キング インタビュー ●キング+ダラボン 2ショットインタビュー
*映像特典は480i Std-Defです

[スタッフキャスト]
【スタッフ】
監督:フランク・ダラボン
脚本:フランク・ダラボン
原作:スティーヴン・キング
音楽:マーク・アイシャム
Visual Effects:CafeFX社
【キャスト】
デヴィッド・ドレイトン役:トーマス・ジェーン『パニッシャー』
ミセス・カーモディ役:マーシャ・ゲイ・ハーデン『ミスティック・リバー』
アマンダ・ダンフリー役:ローリー・ホールデン『サイレントヒル』
ブレント・ノートン役:アンドレ・ブラウアー『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』
オリー・ウィークス役:トビー・ジョーンズ『ハリーポッターと秘密の部屋』

[発売元]ブロードメディア・スタジオ

(C)2007 The Weinstein Company,LLC.All rights reserved.
(Amazon.co.jpより)