アメリカのCIA(中央情報局)が、かねてから「墜落UFOを運び込んで、”グレイ”と呼ばれる宇宙人と共同研究をしている」と噂されてきた、ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)の北西に位置する「エリア51(Area 51)」の存在を認める文書を公開したようです。

 公開された文書は、空飛ぶ円盤の研究ではなく、冷戦時代に米政府が開発したU2型偵察機の試験場としてのエリア51の歴史でした。

 ちょっと残念。

 米CIA、「エリア51」の存在認める UFOでなく「偵察機の着陸場」
 http://www.afpbb.com/article/politics/2962179/11202882

ナショナル ジオグラフィック〔DVD〕 エリア51の真実


商品の説明
内容紹介
米国ネバダ州にある、世界で最も有名な極秘軍事施設『エリア51』。
謎に包まれたこの施設は様々な噂や憶測を呼び、UFOとの関わりすら取り沙汰されてきた。米国政府は公式には存在を肯定も否定もせず沈黙を続けていたが、最近一部の機密が解禁。関係者がついに口を開いた。
一体そこで何が行われていたのか?エリア51の真実にナショジオが迫る。